フロアコーティングの種類と特長

###Site Name###

フロアの材質には主として、石材、プラスチック、木材が使用されます。
この中でフロアコーティングの対象となるのは、主として木材質のフロアで、フローリングも含まれます。


木材やフローリング表面はデリケートで水分の影響を受けやすく、日常生活で発生する擦り傷などや紫外線によって劣化が早まり初期の光沢が落ちたり、変形やまくれなどを起こすこともあります。

フロアコーティング 千葉情報を調べるならこのサイトです。

フロアコーティングは艶やかで撥水性の強靭な皮膜を形成することで、紫外線等による劣化や日常生活で発生する損耗等を軽減させ、汚れが付きにくく、ふき取りやすくなりメンテナンスも楽になります。

最も施工や剥離が簡単なアクリル系や蜜蝋系のワックスがありますが、これらは耐久性の面からフロアコーティングの範疇から除外されることが多いようです。

フロアコーティングには以下の種類と特徴があります。シリコンコーティングはシリコーン樹脂が主成分で、表面は一定の硬度を持ちながら弾力性があり、主成分がケイ素(砂の主成分)なので、コーティング膜の安全性が高い特徴ですが、耐久性はやや劣ります。ウレタンコーティングはウレタン樹脂が主成分で艶は控えめですが、擦り傷などの耐摩耗性が優れています。セラミックコーティングはガラスコーティングとも言われ、ケイ素などの無機材料から形成されている為、陶器やガラスの表面の状態に近く、コーティングの中では最も硬度が高く、高い耐磨耗性や高い耐薬品性といった特長があります。
UVコーティングは紫外線硬化樹脂が主成分で、 独特の艶があり、耐摩耗性、耐薬品性が非常に優れています。

紫外線を当てなければ硬化しないため、施工に手間がかかるので施工料金はコーティングの中では最も高く、補修などの再施工は難しいものです。


フロアコーティングの施工を依頼する場合は、求める性能や機能を明確にし、それぞれの長所短所を理解したうえで業者に相談することをお勧めします。